*

猫の毛色と性格は関係ない!2歳8ヶ月のアメショー、ミイの性格はこんな感じです。

公開日: : ネコ記事ご紹介, 日常

昔の記事を読み返していると、子猫ってやっぱりかわいいですね。ミイも家に来たばかりの生後何ヶ月とか、一番かわいい、もう戻らない時期だなぁとしみじみ思います。

早いものでミイも生まれて2年と8ヶ月になりました。昔の記事では褒めまくりの文章を書いていたこたことが少し恥ずかしいですね。今でも同じくらいかわいいと思ってますし、何をするにもミイを第一に考えて生活しているところはありますが、なかなかミイさんは面白い性格をしてるので一緒に暮らしているとマイナスな面も見えてきますね。こんにゃろ、と思う部分も。

ということで、今回の記事ではうちの猫の性格について書きたいと思います。よくGoogleなどで「アメショ 猫 雌 性格」という感じでアメショネットに訪れてくれる方もいらっしゃるようなので、うちの猫の性格はこんなんですよ、と参考になればと思います。

小さいころのミイ
個人的ベストショットな一枚。
2012年8月の写真なので、生後半年ちょっと!か、かわいい。

他の猫ちゃんの性格はほとんど知らないのですが…。

今まで猫を買う、猫と一緒に暮らすなんてことはもちろん、猫と接するということ自体、ミイと出会うまで全く縁がありませんでした。ですので他の猫ちゃんがどんな性格をしているのかとか、どういうふうに普段接してくるのかとか比べようがないのですが、猫の本やペットショップでの張り紙などを見ると、アメショのメスよりもオスの方が人懐っこいとか、そういうことはよく聞きますね。もちろん、その子の性格や育った環境も影響したりするんでしょうけれど、本当に猫によって性格は違うと思いますよ。

抱っこ大嫌いミイさん。

ミイは小さい頃から抱っこは大嫌い。避妊手術の前も後も、2年経った今でも嫌なようで、私達家族もそれは十分わかってるので無理に抱っこはしないのですが、体重を測るときにする抱っこはイヤイヤながらもさせてくれますよ。といっても1分や2分が限度で、体重を測り終えたらすぐに「にゃう~」とか「イヤァ~ン」だとか絞りだすような声で「下ろしてくれー下ろしてくれ~」と鳴きます。体重を測るときの抱っこですが、アメショは年中毛が抜けるので、毛がつかないように薄着になって抱っこするのですが、そこで「抱っこされる!」とミイに感づかれてしまうとテーブルの下に入り込んでしまい、抱っこできない状態にまでなります。

まぁそれがミイだし・・・と半分諦めているので、抱っこはいつか「できたらいいな」くらいで、絶対抱っこしたいなーなんてことは思わないですよ。ミイさん6.2kgもあるので、抱っこするのも重たくて疲れるから余計かも(笑)

抱っこ大嫌いそういえば抱っこについては私自身が2年ほど前に記事でも書いてましたね。
記事:すっかり成猫!中身も色々と変わりました。現在のミイと子猫の頃のミイの違い。

抱っこできないのが悲しいとか、いつか抱っこしたい、なんてこと書いてましたが、2年経った今ではそんなに抱っこしたいとは思わなくなりましたね。いい意味でミイと家族の距離感が出来上がっているんじゃないかなーと思います。うちの家族みんな、とにかくミイの嫌がることは極力しないようにしてきたので、ミイのお考え最優先、という感じでしょうか。

5歳や6歳くらい、シニアと呼ばれる年齢になったときに、膝の上にちょこんと座ってくれるとか、そういうのが理想だなーとは思うのですが、そんな日は来るのでしょうか。

雌より雄の方が性格は温厚?

よくオスのほうが性格が温厚という風に見たり聞いたりすることがあるのですが、これはどうなのでしょうね。ミイはメスですが、かなり優しく温厚な性格だと思います。親バカなのかもしれないけども。アメショのオスは人懐っこくて抱っこをせがんでくるとか見たこともありますが、どうなんでしょうねぇ。

ミイはイヤなものはイヤ、とハッキリしている性格です。ケージに入れると「なんで入れるのー、出さんかー!」にゃーにゃー鳴きっぱなしですし、水は台所で流れる水じゃないと絶対に飲まないですし…。ですが、親戚が来ても噛み付いたり引っ掻いたりなんてことは絶対しませんし、「フー!」とか「シャー!」とそういった威嚇のような声はほとんど聞かないので、本当に穏やかに育ってくれたなと思います。私が構いすぎるとガブっと噛み付いてはきますが、小さい頃は少し血が出るくらい噛まれたりもしましたが、大きくなってからは甘噛みで、血が出るほど噛まれた、なんてことはほとんどないですね。

また猫はよく喉をゴロゴロ鳴らすもの、という印象が強いですが、ミイはほとんどゴロゴロいいません!もうここ2.3ヶ月以上聞いてないような…。たまに朝方、布団の上でふみふみしながらドヤ顔でごーろごーろと喉を鳴らすのを聞くことがあるのですが、私が起きるよりも先にミイは起きてるので、なかなか聞けないんですよねー。

ゴロゴロは言わないものの、水やご飯が欲しくなったら「にゃーん」と呼びつけますし、ブラッシングは朝方の期限がいいときしかさせてくれなかったり。本当にハッキリした性格です。

普段あまりデレないミイですが、夢中になって本を読んだりテレビを見たりしていると、音もなくミイが近づいていたみたいで、真後ろにミイがおり、一緒に横になっていることがあります。普段ツンデレでツン要素が多いですが、その分、こうしてデレてくれたときの可愛さはとてつもなくキュートですよね。

猫は毛の色で性格が違うって本当?

猫の性格を調べていたら「猫は毛の色で性格が違う」ということを書かれている記事をいくつか見かけました。そんなことってあるのかなぁ、と思まして調べてみました。猫種が違うのならわかりますが、毛色でというのは本当に?この色の猫は活発な子が多いな、とかあの色の猫は警戒心が強い…それは人間が見た性格であって、見る人によっても異なるのではないでしょうか。

ちなみにこんな記事を見つけました。
猫は毛の色で性格が決まるって本当なの?-獣医師が解説

私が見ているのは病院に来たときの表情だけなので、家での本来の性格は飼い主さんにしかわかりません。猫は飼い主さんの前と、知らない人の前とで性格が全然違うので、それも統計を取るのが難しい理由の一つでしょう。海外でも、毛色が性格に関係していると信じる人が多く、里親待ちの猫でも毛色によって里親が決まる割合に差があることが報告されています。特にアメリカでは、黒猫はミステリアス、白猫はよそよそしい、サビは寛容でないというイメージがあり、里親が決まりにくいようです。多くの獣医師が「これらのイメージは根拠のない偏見であり、そういったことがあってはならない」と注意喚起しています。

猫の毛色と性格について想像することは楽しいですが、あくまで占い程度の信憑性しかないということを覚えておいて下さい。

マイナビニュースより引用

獣医師の山本宗伸先生の2014年3月の記事です。毛色と性格のこれまでの研究や論文など詳しく書かれているので、ぜひ読んでみてください。まとめの部分、とても重要な事が書かれているので引用させていただきました。

私のようにミイしか知らない人間よりも毎日、何十匹もの猫ちゃんと会っている獣医の先生も差が感じられないとのこと。猫が家族に見せる顔とお客さんに見せる顔はまるで違いますよね。ミイも家族だけならどこでも上を向いて寝たり、警戒心なく伸びきって寝てたりしますが、親戚などお客さんが来ると寝たふりをすることがよくあります(笑)お客さんが帰るとそそくさと起き出してきたりするので本当に面白い性格してるなぁ、と思いますが、お客さん側からしてみれば、愛想のない猫ちゃんだなーって思われても仕方ないと思いますね。

でも、毛色によって里親が決まりにくい猫がいるのはかわいそうですね。最初から毛色で性格を決めつけてしまうのではなく、その子と暮らしてみて、飼い主にどう接してくれるか、また飼い主がネコちゃんに対しどう接してあげるかによって考えはガラリと変わると思うのですが。

性格は飼ってみるまでわからない!

少し話が脱線しました。先ほども書きましたが、私は全くと言っていいほど猫とは接してこない人生を歩んできたので、ミイ以外の猫ちゃんはどんな感じなのか、全くわからないんです。「猫は普通抱っこさせてくれるものでしょ?」とか言われたりもするのですが、うちのミイは抱っこさせてくれないので、それがミイにとっての普通で性格だしなぁ、と思っちゃいます。

また、台所の蛇口の水しか飲まないの?変わってる!とも言われますが、確かに変わってますし、これは結構ミイの世話をする上で大変な部分でもあります。でも起き水は飲まない性格だから仕方ない…ともう家族全員が諦めています(笑)

ミイの性格のことはまだまだ書ききれていなく、本当にちょびっとなのですが、この記事でアメショの雌ってどんな性格なんだろう、とアメショーのミイの性格が少しでも参考になれば幸いなのですが、どのアメショのメスもミイみたいな性格というわけではもちろんありません。こんな性格の雌のアメショもいるんだな、というくらいの軽い気持ちで猫の性格を調べてもらえれば、と思います。

ですが、実際にその子と会って暮らしてみなければ、どんな性格をしているかなんて、事前にはわからないものなんじゃないかなぁ。どんな性格であろうと、上手に付き合っていく覚悟が大切なんじゃないかな、と私は思います。

スポンサードリンク

関連記事

ミイついに動画デビュー

YouTubeにミイの動画をアップロードしてみました!

以前からずっとやろうやろうと思っていたYouTubeへのアップロード、ついにはじめました! めでた

記事を読む

キッチンにせっかくあがれるようになったのに・・・

キッチンにあがっちゃダメ!でもミイはキッチンにのぼりたい・・・。

サーバーの移転やらで少しこのブログもデザインが変わったり、仕様が変わったりしましたが、安定し

記事を読む

おりこうミイさん

かわいい子猫が我が家にやってきた!まずはケージにミイの居場所を。

アメリカン・ショートヘアーの子猫・ミイちゃんとの出会いは、まさに衝撃的でした。兄との誕生日が一緒だっ

記事を読む

ゴロニャァン!

「掛け声」をよく出すおしゃべりなうちの猫。言葉も大体理解してそうです。

ミイは結構おしゃべりな猫だと思います。ハッキリした性格なので、ご飯がないぞーとか水くれーというときは

記事を読む

うるっときます

おすすめネコ漫画「ペン太のこと」のご紹介と感想。涙なしには語れません。

ミイを飼うようになってからCMで猫が出てきたら「あ!ねこねこ!」と猫に過剰反応するようになってしまい

記事を読む

mi-201

猫の変顔を撮る道は険しい。ミイさんの変顔をちょこっと紹介。

猫ってたまにすごい顔するときありますよね。じーっとミイの寝顔を見てたりすると、「ちょ、今すごい顔した

記事を読む

こんなに小さい時期、ありました。

生後47日の頃はこんな子猫でした。ミイいまむかし。

ミイが我が家に来てから結構ビデオカメラで撮影していたので、かなりのビデオファイルが私のHDDの中には

記事を読む

物思いに耽る

一週間の下痢との闘病日記を振り返ってみて

今日の記事では、闘病生活のまとめ、振り返ってみての感想を書いてみようかな、と思います。「一週

記事を読む

ねこうさぎ?

他のネコちゃん大紹介!可愛らしい「ネコうさぎ」など4記事ご紹介。

ミイが家族になる前から「ポチたま」や猫の番組をしょっちゅう見ていたりしました。近くに2,3匹猫がいっ

記事を読む

mi-161

子犬・子猫の販売が生後56日は販売禁止に。私は大賛成です。

アメショネット、久しぶりの記事更新になります。私自身が体調を崩してしまったりと色々とありまして、なか

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スポンサードリンク

mi-203
ミイ太った!もうすぐ3歳なのに6.4キロもあるんです。

ここ数日ゴタゴタしておりまして変顔の記事からだいぶん時間が経ってしまい

mi-201
猫の変顔を撮る道は険しい。ミイさんの変顔をちょこっと紹介。

猫ってたまにすごい顔するときありますよね。じーっとミイの寝顔を見てたり

ゴロニャァン!
「掛け声」をよく出すおしゃべりなうちの猫。言葉も大体理解してそうです。

ミイは結構おしゃべりな猫だと思います。ハッキリした性格なので、ご飯がな

元気に育ちました。
2012年5月上旬、ついに投薬終了!5月下旬にはほぼ完治しました。「皮膚糸状菌症」闘病記録最終回!

2012年4月中旬、13回目の獣医さんの日です。家族全員で獣医に行くの

小さいころのミイ
猫の毛色と性格は関係ない!2歳8ヶ月のアメショー、ミイの性格はこんな感じです。

昔の記事を読み返していると、子猫ってやっぱりかわいいですね。ミイも家に

→もっと見る

PAGE TOP ↑